ゲーテが命名した、マゼンタ

ゲーテは色彩論で、マゼンタを
みえざる色、神秘の色と表現しました。

高貴な色とみなされた
バイオレットのさきにある色。

マゼンタはバイオレットとブルー

 

濃いピンクにみえますが、
すこしブルーがかった赤紫です。

数秘9に対応するカラーです。

9はいちれんのできごとが、
完結していくことを表す数字。

次のステージに進むため、
ものごとをしあげていく数字です。

 

マゼンタ(ありのまま)数秘9

 

マゼンタは、頭上のチャクラの色でもあります。

 

地上にたつ足の部分からはじまり、
人間としてのもろもろをすべて経験したうえで、
人間の次元を超えていくときにとおる色。

だから、すべてのチャクラの色を含むともいえます。

「ありのままで」

すべてを経験したうえで、
人間のもろもろを、
すべてそのまま認めてうけいれていく。

日常のもろもろを、判断することなく、
すべてそのまま認めることができたなら。
そのときのココロの状態はどんな感じでしょうか?

icon-star-o

すべてを経験したマゼンタは、
しあげる「9」の色でもあるので、
完璧をめざそうとしてしまいがち。

だけど。

ありのままが完璧。

 

マゼンタ(ありのまま)

 

天上のかみさまの視点にたって、
日常のもろもろをながめるような気もち。

理不尽なことも、
かろんじられたという思いも。

すべて、
ありのまま以上の自分をめざそうとしたときの葛藤かも。

自分を大きくみせることはないし、
ちっぽけだとなげく必要もない。

自分のありのままをうけいれることができたら、
まわりのみんなのありのままもうけうれることができて、

すべてに感謝することが、できるのだと思います。