ペールピンクは、優しさの色。

ピンクよりもさらに光をました、
とっても繊細な愛の色。

ソウルカラー(ペールピンク)

 

ピンクは、色相的には、レッドとおなじあつかいになります。
レッドに明るさ(明度)をくわえていくとピンクになる。

明度がいちばん高い、つまり、いちばん明るいのは白。
明度がいちばん低い、つまい、いちばん暗いのは、黒。

ピンクは、レッドの愛にどんどん光がはいって明るさがましていったもの。
明るいことは、高いことにつうじていく。
高くなるごとに、より精妙になる。

だから、ピンクの愛は、
レッドの深くて重たい愛にたいして、
より繊細でかろやかな愛になります。

そして「優しさ」というテーマがあらわれます。

レッドからピンクへ

 

精妙になった愛は、体感としては、よりやわらい印象で。
これが、ピンクの愛であり、優しさにつながっていく。

ピンクは優しさ

レッド基調の部屋だと、なんだか落ち着かず、
アドレナリンがでて攻撃的になる印象ですが、
ピンクだと、優しくおだやかなきもちになりますね。

実際に、アメリカの刑務所で、
壁を「淡いピンク色」にぬりかえたら、
暴力的、攻撃的な行為が激減した、という記録があるそうです。

ピンクは優しくなれる色。

ソウルカラー(ピンク)

 

自分に優しく。
という言葉があります。

ピンクは、基本はレッドなので、
自分に優しくを表現するにも、行動が必要です。
レッドは、行動する、動く色なので。

いちばんシンプルに、自分に優しくする行動。

自分で自分をだきしめてあげる

両手で自分の肩をだいてあげるだけでも、
自分に優しくしている状態になります。

自分にふれる、自分の体温を感じる。
自分のカラダを、自分という存在を、愛おしむ。

ソウルカラー(ピンクたち)

 

この、自分に優しくを、しっかりと実践して体感できたなら。
ようやく、あなたの優しさをまわりに表現することができます。

自分を満たして、まわりにも優しく。

愛は、優しさは、まず、自分から。

 

淡いピンク、ペールピンクのさくらが、
ただ、咲いているだけで、
私たちに、おおくの優しさを、感じさせてくれるように。

 

さくらピンク

 

2018年8月に
ソウルカラーセラピー協会を退会する以前の投稿です。
卒業にいたった経緯は、こちら