チャクラの色
チャクラとはエネルギーセンターです。

一般的には、人間のカラダには、
7つのチャクラがあるとされています。

数秘術でもとめた、
あなたにまつわる数秘(数字)のカラーも、
このチャクラに対応しています。

チャクラは、
すべてがバランスよくととのった状態で、
心身ともに健全で安定した生活をおくることができます。

 

7つのチャクラ

7つのチャクラと色との対応は
このようになっています。

第1チャクラ(レッド)
数秘1のカラー(レッド)
  • おしりのあたり、尾てい骨、仙骨
  • 生命の根源のエネルギー性の源
  • 三次元で生きていくためには、
    まずはこのチャクラが活性化していることが基本です。
  • 数秘1のカラー
第2チャクラ(オレンジ)
数秘8カラー(オレンジ)
  • おへその下、丹田(たんでん)
  • 行動力・活力の源
  • ここが活性化するとどんどん行動力が高まっていきます。
    責任感を負い、至福を感じるチャクラです。
  • 数秘8のカラー
第3チャクラ(イエロー)
数秘3カラー(イエロー)
  • みぞおちのあたり
  • 感情や内臓と密接に関係している場所です。
    ユーモアや個人のしあわせに関係しています。
  • 瞑想では、黄色い光のエネルギーで浄化するイメージでととのえます。
  • 数秘3のカラー
第4チャクラ(グリーン)
数秘4カラー(グリーン)
  • 胸の中心。ハート。
  • 愛と平和、調和のエネルギー
  • 精神と肉体をつなぐポイントです。
    ここが活性化すると、精神と肉体のバランスがとれて、調和が保たれます。
  • 数秘4のカラー
ハートが活性化していると、
ボディ(身体)、
エモーション(感情)
メンタル、スピリチュアル、
バランスがととのいます。
【ハートの鍵】
第5チャクラ(ブルー)
数秘2カラー(ブルー)
  • コミニュケーション能力
  • ここが活性化すると、免疫力が高まり、
    直感やインスピレーションがどんどん冴えてきます。
  • 数秘2のカラー

 

第6チャクラ(ロイヤルブルー)
数秘11カラー(ロイヤルブルー)
  • 眉間、第3の目、松果体
  • 松果体は昼と夜を認識するメロトニンというホルモンが分泌されています。
  • ここが活性化すると直感や情報がイメージとしてあらわれてきます。
  • 数秘11のカラー

 

第7チャクラ(バイオレット)
数秘7カラー(バイオレット)
  • 頭頂
  • 大宇宙とココロとカラダをつなぐエネルギーをとおすところです。
  • 第1~6までのチャクラがととのった状態で、
    第7チャクラが活性化すると、
    宇宙との一体感が得られて、精神が安定します。
  • 数秘7のカラー

つなぐチャクラ

ターコイズのチャクラ
数秘5カラー(ターコイズ)
  • グリーン(ハート)とブルー(コミニュケーション)を混ぜ合わせた色合いです。
  • 第4と第5チャクラをつなぐ役割をしています。
  • ハートのコミニュケーションを可能にし、集合無意識へとつながっていくチャクラです。
  • 数秘5のカラー
オリーブグリーンのチャクラ
数秘22カラー(オリーブグリーン)
  • イエロー(自分、感情)とグリーン(ハート)を混ぜ合わせた色合いです。
  • 第3と第4のチャクラをつなぐ役割をしています。
  • 希望をもって前向きに自分の道をあるいていくことができます。
  • 数秘22のカラー

チャクラをととのえる

チャクラをととのえるには、
チャクラに対応した色合いのエネルギーボールをおもいうかべていく瞑想が役に立ちます。

チャクラのカラー

アルファ―波の状態になる

胸の前で手を合わせ、
かるくうつむいて「あー」
前を向いて「おー」
上を見上げて「んー」

この発声を3回繰り返します。

リラックスしてすわる

ひざの上に手をおきます。(上向き)
目を閉じます。

チャクラをととのえていく

7つのチャクラの場所に意識を向け、
対応する色のエネルギーボウルを思い浮かべて活性化させていきます。

イメージは、見えない世界と密接に関係しています。

しっかりとイメージができると、チャクラがととのってきます。

 

第1チャクラ(レッド)
icon-angle-down
第2チャクラ(オレンジ)
icon-angle-down
第3チャクラ(イエロー)
icon-angle-down
第4チャクラ(グリーン)
icon-angle-down
第5チャクラ(ブルー)
icon-angle-down
第6チャクラ(ロイヤルブルー)
icon-angle-down
第7チャクラ(バイオレット)

 

宇宙につながるチャクラ

時代がすすみ、地球の周波数もあがってきたこのごろは、
宇宙へと意識を広げてチャクラをととのえることが、
人生をより輝かせていくうえで大切になってきています。

大我、小我といった言葉を耳にされたことがあるでしょうか。
大我でいわれている状態、つまり、
小さな自分をこえて宇宙とつながっているような
ワンネスの状態というのは、
これらの宇宙へとつながるチャクラを
どれくらい意識して生きることができているかなのだと思います。

ここからのチャクラの情報は、体感でうけとるものです。
ぴんときた情報のみうけとってくださいね。

 

第8チャクラ(ローズピンク/マゼンタ)

数秘6カラー(ピンク)
数秘9カラー(マゼンタ)

  • 頭上30センチ
  • 大宇宙から必要な知恵や情報をダウンロードしている場所です。

 

第9チャクラ(シルバー)
数秘カラー(シルバー)
  • 地球ガイア
  • 大気圏いっぱいに意識をひろげるイメージ
  • 地球ぜんたいとつながる場所です。
    地球のガイア意識と調和していきましょう。

 

第10チャクラ(ゴールド)
数秘カラー(ゴールド)
  • 太陽系・太陽系の中心である太陽
  • 太陽系いっぱいに意識をひろげるイメージ。
  • ほんとうの自分、太陽意識で生きる。
    すべてはひとつの感覚。

 

第11チャクラ(ホワイトゴールド)
数秘カラー(ホワイトゴールド)
  • 銀河の中心
  • 銀河系いっぱいに意識をひろげるイメージ

 

第12チャクラ(ホワイト)
数秘0カラー(ホワイト)
  • 大宇宙の中心
  • 大宇宙いっぱいに意識をひろげるイメージ。
  • ただある世界。

光の柱をたてる

宇宙へとつづく第8~第12のチャクラまで意識して、
大宇宙の中心から光の柱をたてていくことができます。
(イメージのうえで)

大我の境地を体感する感じです。

第1~第7のチャクラ瞑想にくわえて、
第8~第12チャクラを順にイメージして意識を宇宙にひろげ、
大宇宙の中心のホワイトの光を自分まで降ろしてきて、
さらに、地中へ、地球の中心コアまで、
エネルギーを降ろすやりかたです。

こうして大宇宙の中心から自分をつらぬく
光の柱をしっかりイメージすることができれば、
天と地がしっかりとつながります。

この状態では、
必要なものがすべて完璧なタイミングではいってきます。

必要なもの情報、エネルギー、知恵、すべては、
ご自身に、ベストなタイミングではいってくる。

光の柱をたてることができた状態が、
あなたが、本当の自分で、きらきら輝いている状態です。

 

チャクラをととのえる瞑想をナビゲートする音声をご用意しています。
ご一緒に、チャクラをととのえていきましょう!
(準備中です。)

 

第1チャクラ(レッド)
icon-angle-down
第2チャクラ(オレンジ)
icon-angle-down
第3チャクラ(イエロー)
icon-angle-down
第4チャクラ(グリーン)
icon-angle-down
第5チャクラ(ブルー)
icon-angle-down
第6チャクラ(ロイヤルブルー)
icon-angle-down
第7チャクラ(バイオレット)
icon-angle-down
第8チャクラ(ローズピンク)
icon-angle-down
第9チャクラ(シルバー)
icon-angle-down
第10チャクラ(ゴールド)
icon-angle-down
第11チャクラ(ホワイトゴールド)
icon-angle-down
第12チャクラ(ホワイト)

大宇宙の中心からホワイトの光を、
順番におろしていきます。

11~10~9~8~7~6~5~4~3~2~1

第1チャクラまでおろしたら、
さらに、地球の中心コアまでおろします。

大宇宙の中心から、自分をとおって、
地球の中心までの白い光の柱がたちました。

あなたのままできらきら輝く