大アルカナXII、12番目のカード、吊るされた男。

いわゆる静止状態をあらわすこのカード、
読み解くときには、
「進展しませんね」「いまは待てですね。」ということになるカード。

 

タロット 大アルカナ 吊るされた男

 

この吊るされた男の絵柄には、
悲壮感がまったくない。

静止しているかもしれないけれども、
余裕すらあるような雰囲気で。

ほどよい静止。

とまってる?
そんなことない。

この男性の、静かな、だけど、
バランスのとれたパワーを感じる。

この男性の中では、、
ひらめいたこと(イエロー)を、
しっかりと内省して(ブルー)、
行動へ(レッド)とととのえてる。

秘めたレッドのパワーが感じられる。

 

タロット(吊るされた男)

 

いま、現実としては、静止しているようにみえても、

静止をといて動き出したときには、
シャープにパワフルに、目標へとすすんでいく。

余裕すら感じられる、
とてもポテンシャルのある静止

大アルカナの流れのなかでながめてみると。

11 正義
12 吊るされた男
13 死

正義、ニュートラル、
とてもバランスのよい状態から、
ポテンシャルのある静止を経て、
いったん、死んで、生まれ変わる。

静止を経て復活したときには、
スタートダッシュで動きだせるかも。

 

タロット 大アルカナ 吊るされた男

 

そういう、
とても、積極的な、
前向きな静止のように感じます。


北欧神話のオーディーンが、世界樹ユグドラシルの枝から、
9日間にわたって首を吊り続けた伝承をモチーフにしている解説もあるように、

信念をしっかりもった、
動きだしたときに、なにかをなしとげるといった、
確信のある、静止だと、思います。

 

タロット 大アルカナ 吊るされた男

 

逆位置にしてみても、
微笑んでいるようにさえみえますね。


だから。
いまは、いっけん、
静止している状態でも。

ポテンシャル、可能性が減っていくことはありません。

ものごとがすすんでいくとき、
プラトー(踊り場)にいるような状態、
一時的な停滞状態にとどまる時期もある。

だけど、
めざす方向も目的もそのままならば、
次に飛躍的に発展する時期がかならずくる。

ポテンシャルのある静止状態。
じっくりと味わっていきましょう!