WordPress(プラグイン)編集用

プラグインって?

プラグインとは、
WordPressに機能をつけたしていくアプリです。

WordPressをインストールしただけの状態では、
プラグインはほとんどインストールされていません。

WordPressの環境は、
プラグインを追加インストールして、
どんどん快適に育てていきます。

この投稿では、編集用のプラグインを追加して、
WordPressのエディタ(編集画面)を快適にしていく方法をお伝えします。

WordPress5.0以前のクラシックエディターで
説明していきます。

クラッシックエディターについては、
こちらの記事を参考にしてください。

こちらは、ダッシュボードと呼ばれる、
WordPressの管理画面です。

左にあるメニューから「プラグイン」を選択して、
プラグイン一覧を表示させました。

WordPressをインストールした直後の
プラグインは、このようになっています。

WordPress プラグイン

 

WordPressをインストールした直後には、
「Hello world!」という投稿も作成されています。

投稿一覧を表示させてみました。

WordPress 投稿一覧


「編集」をクリックして、

編集画面(エディタ)を表示させてみます。
WordPress5.0であたらしくなる前の、
クラシックエディターです。

メニューに注目してください。
「メディアを追加」ボタンの下に、
シンプルなメニューが表示されています。

デフォルト状態の編集メニューはこの程度です。

編集用のプラグインを追加していくと、
この編集メニューが増えていきます。

WordPress クラシックエディター

プラグイン追加

プラグインの追加は、
プラグインの新規追加から行います。

インストールしたいプラグインを検索して、
「今すぐインストール」し、
「有効化」すると、使用可能になります。

いらなくなったプラグインは、削除することができます。

TinyMCE Advanced

エディタを拡張するプラグインをインストールして有効化します。

WordPress プラグイン(TinyMCE)
WordPress プラグイン(tinyMCE)

クラシックエディターの機能が拡張されました。

・コマンド(ファイル、編集、表示、フォーマット、ツール、テーブル)
・フォント指定
・文字サイズ指定

WordPress クラシックエディター(tinyMCE)
Visual Icons

アイコンを使えるようになるプラグインです。

WordPress プラグイン(visual icons)
dPress プラグイン(visual icons)

クラシックエディターに「icons」のメニューが追加されました。

WordPress クラシックエディター
Shortcode Ultimate

ボタンなどを、
ショートコードを書くだけで表示させることができるプラグインです。

ボタン作成に特化したプラグインもありますが、
いろんな機能を総合的に実装しています。

WordPress プラグイン(shortcode)
WordPress プラグイン(shortcode)

クラシックエディターに
「[]ショートコード挿入」メニューが追加されました。

WordPress プラグイン(shortcode)
Elementor(エレメンター)

Elementorもプラグインとして追加します。

WordPressのエディタは、Ver5.0より、
ボックスエディタとなりました。

新しいエディタ(Gutenbergグーテンベルク)より、
Elmentorのほうが、私にとっては快適なので、オススメです。

 

WordPress プラグイン(Elementor)
WordPress プラグイン(Elementor)

 

クラッシックエディターに、
「Elementorで編集」ボタンが追加されました。

WordPress プラグイン(Elementor)

1日(または2日)ではじめる
ワードプレスのレッスン受付中です。