Site icon きらきら輝くあなたになる

色(カラー)について

色って?

色は色相、明度、彩度という
3つ要素であらわすことができます。

色相(hue)は、赤、青、黄色といった、
色味の違い。

明度(lightness)は明るさの違い。
光の量の違いです。
光をふやすと明るくなり、
光を減らすと暗くなります。濃い赤(dark red)あわい赤(pink)

彩度(colorfulness)は、
あざやかさの違い。

無彩色は黒、白、灰色。
この3つは彩度0です。

無彩色から離れて純色になると、
彩度があがっていきます。

の違いは、原則的には、

波長の違いですが、

すべての色は、
色相と明度と彩度の組み合わせで
表現することができます。

色相環(Color Wheel)

色を色相の順にならべたものが色相環。

こちらは、
色相環をイラストで表現したものです。

無料イラスト・アイコン素材
ちいさないきものさんから、お借りしました。

3原色で感じる

すべての色は、
3つの色を混ぜ合わせてつくることができます。

3原色とは、
レッド(赤)、ブルー(青)、イエロー(黄)

レッド

ブルー

イエロー

印刷のときは、
レッド(マゼンタ)M
ブルー(シアン)B
イエロー(イエロー)Yと表現されます。

テーマを色で感じるとき、
3原色に還元すると、
テーマの意味の理解が深まったりします。

たとえば、
バイオレットは、
レッドとブルーが同じ割合で混ざった
2次色です。

だから、バイオレットのテーマには、
レッド的なことと、ブルー的なこと、
どちらも含まれるということになります。

バイオレット(レッド・ブルー―)

グリーン(ブルー・イエロー)

オレンジ(レッド・イエロー)

原色、2次色、3次色

カラーセラピーや、
数秘を色で理解していくときに
基本となる色たち。

数秘や星座を色で感じてみると、
それぞれのテーマや本質を
直感的に理解することができます。

色で感じることで、
3原色のテーマから類推したりできる
メリットもあります。

レッド・ブルー・イエローが
原色の三角形。

オレンジ・グリーン・バイオレットは、
2次色の三角形。

真ん中の6色は、
隣り合う原色と2次色を混ぜた3次色です。

ピンクは、色相的にはレッドと同じ。
レッドに光が当たった色、
明度が高くなった色です。

<原色>レッド

<原色>ブルー

<原色>イエロー

<2次色>オレンジ

<2次色>グリーン

<2次色>バイオレット

<3次色>コーラル

<3次色>ゴールド

<3次色>オリーブグリーン

<3次色>ターコイズ

<3次色>ロイヤルブルー

<3次色>マゼンタ

ひきたてあう補色

補色は、色相が反対の色の組み合わせで、
混ぜ合わせると黒にちかくなる色です。

おたがいを引き立たせる色合い

数秘をカラーで表現するとき、
補色の組み合わせは、
ひとつのテーマに反対側から
アプローチする色合いになります。

ご自分の中で、
両極となる本質傾向をあらわしている場合も。

<レッド – グリーン>
<ブルー – オレンジ>
<イエロー – バイオレット>
<コーラル – ターコイズ>
<ゴールド – ロイヤルブルー>
<マゼンタ – オリーブグリーン>
モバイルバージョンを終了