タロットの小アルカナ。
人生のもろもろをつづったストーリー仕立てのスートのうち、

ソード(剣)のスートでは、
喜怒哀楽でいうと「哀」のような、
胸にささるようなつらくいたいたしいストーリーが展開します。

ソードは、地水火風の四大元素のうち「風」をあらわすスート。

風はかろやかで、知性を表現し、
言葉をもって、知識をもって、
人間が人間らしく、論理的に人生をすすめていく流れを表現していますね。

星座でいえば。
風の星座は、ふたご座とてんびん座とみずがめ座。

どの星座も、感情というよりは、
言葉をあやつって、社交的な印象です。

 

タロット(ソードのエース)

 

ソードのエースをながめてみる。
知性で風のソードでもあるから、
印象的な色は、ペールイエローにペールブルー。

この色合い。
なにを連想しますか?

オーラソーマでいう、
大天使ミカエルのボトルの色だなあと、感じます。

大天使ミカエルの愛はたぶん、強烈で正しくて、
いらないものを剣ですぱっと切り落とし、そぎ落として、
シンプルにストレートに、真理を表現してくれるのかなあ、と。

ソードのスートのいたいたしさは。
人生って「正しさ」だけでは、すすんでいかないよね、、、

と、ぽつりとつぶやいてしまいそうになります。

 

タロット(ソードのエース)

 

もちろん、ブルーは、
風でもあり、水でもあり、
水と言ったら、「感情」でもあるけれども、

ソードのエースにある水は、
凪いだ海というよりは、すこし荒れた海。

人生の荒波。

もしも、言葉がなかったら?

テレパシーで思ってることが通じあって、
思いが透けて見えて、

言葉遊びをすることなく、
思いを伝えるすべも必要でなかったら?

相手の気もちを知りたい、というストレスから解放されて、
みんながしあわせ・・・ということには、ならないですね。

言葉があるしあわせ、
相手の思いが透けてみえないしあわせも、あるなあと。

言葉で表現することで、
表現された言葉の意味を自由に想像してみることで、

ストレートに思いが伝わる以上の可能性が広がって、
ゆたかな感性の世界をつくりあげることができる。

カタチのない言葉、風のように流れていくもの。
なのだけど、表現できる世界は無限大に広がる。

タロット 小アルカナ エース

 

4つのスートのエースをならべてみたとき、
ソードのエースは、手のひらを隠していますね。
手の内を見せない。

手がのびている雲、
無から有が生じる瞬間も、
ほかは無垢にちかい白なのに、
ソードのエースはグレーで、なんだか無垢ではありません。

人間のダークな側面、
ネガティブを生み出してくれるのは、
ソード(風)の要素な気がします。

ソードのエースは、まだ、
これから展開するかずかずのネガティブを知りませんが、
王冠にむかって人生をすすめていく。

なにが勝利かはわからないけれども。

柔軟に自在に、
言葉を操って、
知性を駆使して、
人生を自由に広げていこう!としている。

 

タロット(ソードのエース)

 

レッドの現実味とか推進力とか
ほとんど感じさせないカードだけど、
手の内もみせていないけど、

エースのカード、はじまりはいつも、
無限の可能性をもって、
希望にみちているなあ、と。

あいまいなグレーを、
言葉で説明して明確にして、
大天使ミカエルの剣のごとく、
よけいなものそぎ落として、

おそるおそる勇気をもって、すすんでいきましょう!

人生の荒波、つらい経験にも意味があります。

ネガティブをあじわった分だけ、
ポジティブもあじわうことができるから。

 

風のエレメント(ふたご座)

ソードのエースの初々しさは、
風のエレメントのトップバッター、
ふたご座的なイメージかと。