ホロスコープ 誕生日を選んだか

風の時代へと、
意識をシフトさせていくために。
 
西洋占星術で
あなたを知るときの基本
  

占い師として書いたコラムの
リライトです。
 

数秘術リーディング

あなたの魂は、
あなたの誕生日を選んで生まれています。
 
誕生日はもちろん、あなたの環境も。
 
なぜ、その誕生日を選んだか?
と問いかけると、
あなたの人生のテーマが浮かびあがってきます。
 
誕生日のテーマを読み解くアプローチは
いくつかありますが、

その1つが、西洋占星術です。
 

 
~~~~~
風の時代がやってくる。
~~~~~ 
と、話題になっていますが、
 
この言葉はもともと
西洋占星術の用語。

12星座のうち、
風のエレメント、すなわち、
双子座、天秤座、水瓶座のテーマが、
世の中で大切になる時代。
 
風の時代は、情報の時代。

あなたがなぜ、
その誕生日を選んだか、
西洋占星術の観点から、感じてみましょう。

12星座のテーマ

12星座 ホロスコープ

12星座のおおまかなテーマは
こんな感じです。
 
あなたの魂が、
そんな風に生きるのを望んだ、
という観点でみたとき、
どんな感じがするでしょうか・・・

<牡羊座> 火のエレメント

・自分で生きる。直感のまま行動する。
・いろんなことにチャレンジする。
・納得できることだけを、自分が納得いくまで。

<牡牛座> 地(土)のエレメント

・五感でじっくりと味わう。豊かさを感じる。
・いろんなことを体感する。ほんものを手にする。
・自分を心地よさで満たす。(もの、人、場所)

<双子座> 風のエレメント★

・いろんな情報にふれる。好奇心のままに。
・いろんな角度からみる(多角的な視点)。
・ポジティブとネガティブを統合する。

<蟹座>  水のエレメント

・ストイックに、繊細に、打ち込む。
・身近な人とアットホームにつながる。
・愛情をささげる、献身的でいる。守る。

<獅子座> 火のエレメント

・クリエイティブに。想像して創造する。
・自分を表現する。演じる。
・恋も趣味も人生を楽しむ。情熱のままに生きる。

<乙女座> 地(土)のエレメント

・類推して、分析して、自分なりに理解する。
・場を調える、和やかにする。
・育む、愛でる(自分以外のなにか)

<天秤座> 風のエレメント★

・超然とふるまい、バランスをとる。
・社交的でいる、人とほがらかに関わる。
・正しさを表現する。公正である。

<蠍座>  水のエレメント

・興味があることのみ、とことん追求する。飽きるまで、
・濃密な人間関係を味わう。
・切望する。こだわる。究極をみつめる。

<射手座> 火のエレメント

・理想をかかげる。ポジティブ志向。
・遠くを、高くを、望む。見上げる。
・目標まで一直線に。最短ルートを進む。

<山羊座> 地(土)のエレメント

・結果、実績、経験を重んじる。
・完成させる。努力を惜しまない。
・目標を定めて、効率重視でかなえる。

<水瓶座> 風のエレメント★

・自律した自由、博愛、平等。
・友愛、ユニセックスな仲間意識。
・論理的に思考し、変化をいとわない。

<魚座>  水のエレメント

・信じる、許す、受け入れる。
・共有する。つながる融合する感覚。
・スピリチュアル、存在まるごとを感じる。

12星座の傾向(自分軸・他人軸)

自分軸 他人軸 凛として

人生は自分が創っています。
 
自分らしい人生を創るには、
自分の感性を重んじる「自分軸」が大切。
 
風の時代は、個人の時代。
 
個人個人がしっかりと、
自分基準をもっていることが
大切になります。 
 
・・・とはいえ、
 
自分と他人、どちらを重視したほうが、
その星座のテーマを表現しやすいか、
という観点でみると、
 
こんな分類ができるでしょう。
 

<ほぼ自分軸がべスト>

牡羊座、天秤座、射手座、山羊座

<やや自分軸がベター>

牡牛座、双子座、蟹座、
獅子座、蠍座、水瓶座

<やや他人軸がベター>

乙女座、魚座

 
<やや他人軸>の星座さんは、
まわりとの調和がとれることが、
しあわせに大きく影響します。
 
自分軸を意識しすぎると、
かえって、
混乱して不安になるかもしれません。
 
<ほぼ自分軸>の星座さんは、
とにかく、
まわりより自分を最優先にしたほうが、
よい流れを創りだすことができるでしょう。
 
まわりを気にしすぎると、
自分らしさを
見失ってしまうこともあるかも。
 
ありのままでいることができれば、
得意分野で
リーダーシップを発揮できるでしょう。
 
<ほぼ自分軸>の星座さんは、
自分軸ではあるのですが、
少し、
周りをみて自分の行動を決めたほうが、
より安心できるでしょう。
 
思い切ってほぼ自分軸でいく場面と、
周りをみていく場面を、
直感で感じとってくださいね。
 
・・・
ここまでの分類は、
生まれたときに太陽があった星座(太陽星座)
のもの。
 
いわゆる、星占いの星座です。

ですが、
星占いに違和感を感じるかたは、
太陽星座よりも、
他の星座の影響が、
つよい場合もあるかもしれません。
 
西洋占星術でみていくときは、
太陽以外に、
・月、水星、金星、火星、木星、土星、
・天王星、海王星、冥王星

という10天体が、
どの星座にあったかも、
考慮していくからです。
 
なかでも、
注目するとより理解が深まるのが、
この3つです。

月星座・アセンダント・冥王星星座

月星座 内面の自分 無意識

<月星座>

・生まれたときに、月がどの星座にあったか
 
内面(無意識)の自分を表します。
 生まれてからしばらくは、
 月星座の影響がおおきいといわれています。

・月星座は、リラックスポイント。 
 長くパートナーシップを続けていこうとするとき、
 月星座の相性も、大切になります。
 
・月星座と太陽星座のエレメント
(火、地、風、水)が異なっている場合、
 その場その場で、
 しっくりくる方のふるまいを
 心がけるとよいかも知れません。
 
※月星座を調べるためには、
 生まれた時間を知っていることが
 望ましいです。
 一日のうちに月が移動して、
 朝と夜生まれでは月星座が違う場合が
 あるためです。

アセンダント 外見 印象

<アセンダント(AC)>

・生まれたときに
 東の地平線に位置していた星座
 
・見た目の印象を表します。

・アセンダントが太陽星座と一致している場合、
 あなたは、
 見た目も、中身(テーマ)も
 ほぼ同じということになるでしょう。
 
※調べるには、生まれた時間が必要です。

<冥王星星座(世代)>

・生まれたときに、
 冥王星がどの星座にあったか。
 
・冥王星の公転周期は248年。
 楕円軌道なので、ひとつの星座に
 約12~32年ほどとどまります。

冥王星星座にみる世代

冥王星の星座 世代 トランスサタニアン

西洋占星術では、
冥王星星座がおなじグループを
おなじ「世代」とみなします。
 
土星の向う側の天体(トランスサタニアン・天王星、海王星、冥王星)は、どれも、
公転周期がながいので、
天王星、海王星星座がおなじグループも、
おなじ世代とみなします。
 

現在、社会の中心となっているのは、
これらの冥王星世代です。
 
世代が違えば、価値観が異なり、
社会で経験しようとしているテーマが
異なってきます。
 
完全には埋まらない、
世代間ギャップもあるでしょう。

<冥王星獅子座世代>1939年生まれ~ 

・自分を表現することが、とにかく大切。
・自分の哲学を主張しすぎると、
 オレさま、パワハラ、モラハラになってしまう場合も。

<冥王星乙女座世代>1958年生まれ~

・面倒見がよく、
 獅子座世代と以降の世代をつなぐ役割も。
・仕事も家庭も、真面目にこなそうとする。
 行き過ぎると、自己犠牲に・・・

<冥王星天秤座世代>1972年生まれ~

・就職氷河期を経験している世代。
 お見合いが主流だった結婚も、自由恋愛へ。
・フリーランスなど、
 会社人間ではない働き方を模索する。
・仕事以外でも、上手に人生を楽しもうとする。

<冥王星蠍座世代> 1983年生まれ~

・人生とは?働くとは?恋愛とは?家族とは?と
 じっくりと考えて取り組む。極める。
・オリジナルな発想を温めている。マニアック。
・引きこもり傾向がある場合も。

<冥王星射手座世代>1995年生まれ~

・希望をもち、世界を広げていこうとする。
・海外志向がある。冒険心にあふれる。
・基本は楽観主義で、
 飛躍的に向上させるポテンシャルを秘める。
 限界突破。

<冥王星山羊座世代>2008年生まれ~

・現実的。合理的。
・真面目で、手堅い。社会性が高い。
・システム的で、枠組みが
 しっかりきっちりしている方が落ち着く。

<冥王星水瓶座世代>

※2023年以降に生まれる。
 
12星座は、
牡羊座で生まれて始まり、
魚座であの世に還る、
成長ものがたりでもあります。
 
現代は、
あとから生まれてくる方が、
しっかりとした傾向をもっている時代。
 
世代は時代をあらわします。

より若い世代に関わろうとするとき、
自分たちの世代の「あたりまえ」「基準」が
もしかしたら、通用しないかも、
という観点をもっていると、
関わり合いがよりスムーズになるでしょう。

占いセッションはこちら