地球と土星の結び

7月10日午前2時、
地球が土星と結びました。

4月30日からはじまった
土星逆行のクライマックスです。

土星は山羊座にいます。
山羊座は土星のホーム。

自分の足元を見つめ直す、
自分の立ち位置を確認する、
自分の居場所を確かめる。

深い部分から、
自分の生き方はこれでいいのか?
という、内省の時期だったかと思います。

令和というあたらしい時代が、
自分にとって、どういう時代になるのか。
どういう時代にしたいのか。

その、
答えが感じられたかと思います。

すべて言語化できていないのだとしても。
まだ、受け入れる体制が
整っていないことがあるとしても。

 

地球と土星の結び
(ホロスコープ作成はこちら)

6月11日に、地球は木星と結びました。
7月10日は、地球と土星の結び、
7月14日は、地球と冥王星の結び。

人生の流れを左右する天体が、
射手座、山羊座に集まっているいま、

こうして、順に、
地球が彼らと結んで、
人生を見つめ直す機会をあたえてくれています。

地球と土星の結び

7月10日に土星と地球が結んだとき、
和やかな位置に海王星がありました。

地球と海王星が60°。
土星と海王星が60°。

海王星は、ドリーマー。
人生に、夢やファンタジーといった
まろやかさをもたらしてくれます。

地球と土星が結んで、
人生のテーマや課題が、
心の深い部分を揺さぶって、

おかれている状況によっては、
人生の課題が、
とても厳しく感じられたとしても、

その厳しさをやわらげるものがたりを、
海王星がそっと、
さしだしてくれる感じ。

あなたは、
どんなものがたりを生きたいですか?

人生はファンタジー。

すべてが夢で、幻想で。

だから。

自分をしあわせにするものがたりを、
選びましょう。

自分をしあわせにしないような、
窮屈になった、苦しくなった夢は、
もう、手放してしまいましょう。

自分のよすがとなるものがたりを、
書き換えてしまいましょう。

人はだれでも、
自分に都合のよい、
ものがたりを生きているようなもの。

そのものがたりを、
だれかにもらったとしても、
そのうち、窮屈になってしまう。

どんな風に、
世界を解釈したいのか。

どんなものがたりが、
自分に合っているのか、必要なのか。

自分にしっくりくるものがたりを、
しっかりと、描いていきましょう。

ブルー(数秘2)第5チャクラ

2019年7月10日は、
「数秘2」の日でした。

使命を受けとる日。

これがしたかったんだと、
思いだす日。

海王星にみまもられた
地球と土星の結びの日、
あなたが思いだしたことは、
どんなことでしたか?