パソコンでWordPressを使って
ブログ投稿してしていらっしゃる方へ。

 

WordPress エディターについて

WordPressで固定ページや投稿を
編集するときにつかうページを、
エディタ(編集画面)といいます。

WordPressでは、バージョン5.0から、
エディタががらりと変更されました。

WordPressのエディタは、
これまで、
クラシカルな(古風な)もので、
基本的にはテキストベースで編集する
シンプルなエディタでした。

エディタには、
ビジュアルモードと、テキストモードがあります。

ビジュアルモードは、
どのように見えるかを確認しながら編集するモード。

たとえば、
画像を貼り付ければ、画像が表示されます。

テキストモードは、
画像をはりつけても、
「画像を貼り付けたよ」という
文字列(HTMLの文章)が表示されるだけで、
画像は表示されません。

囲み枠をつけたり、
文章に飾りをつけようとすると、
テキストモードにして、
HTMLの文章を書く必要があります。

WordPress5.0では、
このビジュアルエディタに大幅な変更が
行われました。

変更されてまだ間もないので、
あたらしいエディタは、
まだ、安定していません。

どんどん改修されていくかもしれません。

新しいエディタには、
メリットもデメリットもあります。

そこでオススメするのが、
クラッシックエディタを復活させて、
Elementorというプラグインを使う方法です。

WordPressのクラッシックエディタ

WordPressを5.0以上にアップデートしても、
プラグインとして、
ClassicEditorをインストールすることができます。

ClassicEditorを有効化すると、
エディタは、以前のバージョンで
使用していた状態に戻ります。

そのうえで、
Elementorというプラグインをインストールして
有効化します。

WordPressエディタ(Elementor)

ペライチをご存知でしょうか?

画像を貼り付けたり、
ボタンを設置したり、
背景の色を変えたり、
文字の大きさを変えたり、

かんたんに
ランディングページを
編集できるサイトです。

ペライチだけでホームページを
作成することができますね。

独自ドメインを設定することも
可能です。

ホームページを
WordPressで作成して、
一部のページだけ、
ペライチを使って作成して、
リンクを貼ることもできます。

(サブドメインで関連づけることも)

しかし、
ペライチの無料プランで作成できる
ページは1ページのみ。

複数ページになると、
有料プランへの加入が必要です。

Elementorは、基本、無料です。
 
もちろん、有料プランがあり、
使える機能やテンプレートがふえますが、
無料でできる範囲で、
ランディングページを作ることができます。

WordPressエディタ(Elementor)

Elementorは、WordPressの
固定ページの編集にも、
投稿の編集にも使用することができます。

ページごとに
WordPressの通常エディタを使うか、
Elementorを使うかを、指定できるので、
とても便利です。

海外ツールなので、
もともとは英語ですが、
日本語化されていますので、
問題なく使うことができます。

とくにWebの世界では、
海外ツールのほうが、
シンプルで使いやすいツールがおおいです。

もともとプログラムは、
英語的な世界ですし。

いままでは、
ランディングページや
フロントページの作りやすさから
テーマを選んでいたかも知れませんが、
Elementorを使用すると、
テーマにかかわらず、
自由に、
デザイン性のあるページを編集
することができます。

ということで、次回からは、
Elementorを使ったページの
編集方法について、ご説明していきます。

この投稿も、
このトップページ(固定ページ)も
Elementorで編集しています。

いまはシンプルにしていますが、
どんどん修正していく予定です。

画像を組み込んだり、
画像に動きをつけたり、
囲み枠をつけたり、
ボタンを設置したり、
段組みしたり、
背景を色付けしたり、

Elementorだと、
ページのデザインが
とってもかんたんで、
楽しくなってしまいます。

WordPressを楽しく