グレートコンジャンクション

 

木星は、拡大・発展の星(<)で、
土星は、試練・制限の星(>)です。

木星は、精神的なものと理想をあらわし、
土星は、実質的なものと現実をあらわす。

木星の公転周期は約12年で、
土星の公転周期は約29年。

一対の関係にあるこの2つの星は、
20年に一度、
地球からみると同じ位置で重なります。

これがグレート・コンジャンクション(合)です。

日本で有名な20年サイクルは、
伊勢神宮をはじめとする式年遷宮でしょうか。

グレートコンジャンクション

 

木星と土星がグレートコンジャンクションする
サイン(星座)のエレメントは、
約200年ごとに変わっていきます。

いままでは、
地のエレメント(牡牛、乙女、山羊座)。

これからは、
風のエレメント(双子、天秤、水瓶座)。

木星も土星も、
社会に影響する星。

木星は、社会のムードを演出し、
土星は、社会の基盤や枠組みをつくります。

この木星と土星がであう
コンジャクションのタイミングは、
両者が担っている役割のすり合わせがおこり、
バランスがとられるとき。

グレートコンジャンクション

 

ラッキースターの木星が、
木星をホームとする射手座入りし、
木星射手座期が注目されています。

でも、木星が演出するのは、
1年ごとの社会のムード。

あくまで、
2019年のベースとなるのは、
土星山羊座と、冥王星山羊座という、
理想をしっかりと現実に落とし込む
地のエレメントです。

海王星は、しばらく魚座にあり、
スピリチュアルへのあこがれは、
続いていますが、
2011年以降に生まれた、
海王星魚座世代が
世の中の主流となるのは、まだ先。

風の時代~かろやかに~

 

現実重視、実績重視の
地のエレメントがベースにある世の中が、
次のフェーズへと転じていくのは、
2020年。

ここからは、
社会に影響する木星と土星が、
風のエレメントでであう時代がやってきます。

2020年12月22日、木星と土星の
コンジャンクションは、水瓶座で。

水瓶座のルーラーは、天王星。
変革の星です。

風のエレメントの時代は、
情報やインターネットが
社会をひっぱって、
スピードが大切な時代になっていくでしょう。

人工知能(AI)も進歩して、
ロボットが人間にとって替わっていく。

斬新な変化が社会を動かしていく。

天王星は、
このコンジャンクションに先駆けて、
1995年~2002年まで水瓶座にいて、
IT革命をひきおこしてきました。

情報化社会という基盤を整えてきた。

トランスサタニアンについてはこちら
トランスサタニアン(土星・天王星・海王星・冥王星)

水瓶座は、
変革をうながす天王星の影響をうけ、
社会をよりよくすることを
喜びとするサインです。

木星射手座期にえがく理想も、
きたる風の時代、
水瓶座がめざすユートピアへと、
つながるものであると実現しやすいでしょう。

こうして、
宇宙的な背景をみて、
世の中の流れを感じていくと、
時代にあったかろやかさを体現しながら
生きていくことができるでしょう。

icon-star

グレートコンジャクションの前に、
2019年12月3日から、
木星、土星、冥王星が、
山羊座にそろいます。

風の時代になる前に、
社会についても自分についても、
きっちりと根本から見直しておく
必要がありそうです。

木星土星冥王星が山羊座にそろう

 

2019年のテーマとして
アメブロに書いた内容を音読してみました。
2019年、楽しんでいきましょう!
〇7
icon-microphone 風の時代へ、かろやかに楽しむ。