2019年春分の日

2019年3月21日は、春分の日。

占星術では、
太陽が牡羊座へとうつる春分の日が、
1年のはじまりです。

今年の春分の日は、
満月と重なることもあり、
とても深い部分からのリセットの日。

カードに、この春分の日のテーマをきくと、
「あなたは、なにをすべきか知っていますね」

すべきことをしなさい
<土星と冥王星は山羊座に>

いま、
土星も冥王星も山羊座にあって、
自分について根底から見直すことを
うながしてくれています。

仕事や、キャリアについても、
しっかりと見直す時期にあります。

個人においても
転職や独立がおおくなるでしょうが、
組織自体も、統合や離散といった
大幅な見直しがおこってくることでしょう。

根底から変わっていく時期。

<春分の日のグランドトライン>

春分の日になった瞬間、夜中の0時の
ジオセントリックのホロスコープをみると、

月と火星と冥王星
そして、
月と火星と土星とが、
トライン(120度)になっています。

いずれも、3天体がトラインとなる、
グランドトライン

360度を3等分する120度は、
安定の角度。

調和のとれた、優しい角度です。

ホロスコープにある、
青い2つの三角形が、グランドトラインです。

20190321 春分の日のホロスコープ
20190321 春分の日のホロスコープ

根底から変わってはいくのだけれど、
それは、
外的な要因なのではなくて、
内面からおこってくること、という暗示です。

ほんらいの自分のありかた、望みに
気づいてしまったから、
ほんらいの自分であろうとして変わっていく。

そういう流れかと。

<太陽、海王星、水星は魚座に>

内面の本質をあらわす月は、
0時の時点ではまだ乙女座にいます。

太陽は魚座に。
海王星も水星も魚座にいて、
魂の目的といったスピリチュアルなことを
インスピレーションや夢をとおして
受けとりやすい状態。

乙女座の月は、冷静だけに確実に、
魚座(スピリチュアル)領域で
うかびあがってくることを分析して
ものにします。

スピリチュアルな感覚を、
漠然とした感覚で終わらせずに、
言葉にして説明して、意識させてくれる。

<火星と天王星は牡牛座に>

行動をあらわす火星は、
天王星とともに牡牛座に。

ゆっくりだけど確実に、
自分の体感にあうもので、
自分をまわりを満たしていこうする流れ。

ゆっくりであっても。
かなり劇的な、反転がおこる可能性を
感じさせてくれます。

これじゃなかった、
こっちだった、と、
これじゃないものをすっぱりと辞める、
といった。

牡牛座的な世界の感じかたでは、
満足していれば、
習慣化して、同じものを繰り返して安心するでしょう。

けど、
ひとたび居心地の悪さを実感してしまうと、
もはやいてもたってもいられず、
嫌悪感をもって、
その場所を離れてしまうこともあり得る。

変化とは遠い、安定のサイン(星座)に、
天王星と火星という
動きのある天体がはいっているのですから、
動かざるを得なくなる印象です。


ヘリオセントリック(春分の日)

(ホロスコープ作成は、こちらのサイト。)

ヘリオセントリックでの、
春分の日の午前0時のホロスコープはこちら。

射手座にあって、
社会に楽観ムードをひろげてくれている木星も、
土星や冥王星がいる山羊座に向かっています。

ジオでみたときの
2つの優しいグランドトライン、
月と火星と土星、
月と火星と冥王星、
この響き合いを感じながら、
現実を、
魂が望む状態へと動かしていく1年。

現実を動かしていくには、
夢やインスピレーション(直感)で受けとった、
自分のありたい姿を、
しっかりと言葉にして、
意識していくことが大切です。

魂の望みを、
スピリチュアルの、無意識の領域に
留めているだけで、
終わらせてしまうことがないように・・・

 

すべきことをしなさい

知っている、
わかっているだけでは、
変わっていくことがありません。

どんどんと言葉にして、
意識して、
変わっていきましょう!

言葉の力について、
こちらで書いてみました。