天王星牡牛座時代

2018年5月16日に、
いったん牡牛座入りしていた天王星は、
11月7日から牡羊座にもどっていました。

そして、3月6日、
天王星は本格的に牡牛座に入りました。

ここから、2025年7月7日に
双子座へうつるまで、
天王星牡牛座期の本番です。

土星の向こう側の天体(トランスサタニアン)が
星座をうつるときは、大きな転換期です。

とくに、
変革、刷新の星、天王星は、
うつったサイン(星座)で大きな変化をもたらします。

天王星はじめ
土星の向こう側の天体については、
こちら。

私は、月星座が牡牛座なので、
牡牛座的なゆっくりじんわりのペースが
本質的な部分で「わかり」ます。

また、
ヘリオセントリックのホロスコープで
金星との角度が0°で関係が深いので、
金星がルーラーである
牡牛座には馴染みます。

だからこそ、思うのですが、
ここから7年の、
天王星牡牛座期の「改革」は、
ゆっくりじんわり着実なものだと感じます。

天王星は「革命」レベルの激しい変革を
もたらしますが、

牡牛座には、
スピード感がある、
どんどん、ぐんぐん、急激に変わっていく、
というのは馴染まないから。

だけど、確実に、
自分になにがあって、なにがないか、
自分はどんなものに馴染むのか、

自分にとってのほんものを
感じていくプロセスがすすんでいくでしょう。

体感をともなった違和感を感じて、
自分には合わないものは、
手放していく流れがくるでしょう。

そうして、結果的に、
天王星牡牛座期が終わるころには、
まわりの景色ががらりと変わっているくらいの、
変化を実感していることでしょう。

ほんとうの自分って?

天王星牡牛座期は、
いよいよ、本格的に、
ほんとうの自分を知る時期です。

自分にあるもの、ないものをしっかりと
感じていくことで、
これが、ほんとうの自分だという実感を得ていく。

まわりに遠慮して合わせていたり、
流行を追ったりして、
ほんらいの自分の感じかたを忘れていると、

ほんらいの自分、
ほんとうの自分を思い出すような出来事が、
重なって起こるかもしれません。

自分でいたい、自分で生きたい。
という、深い部分からの欲求が
ほんとうの自分を思い出すような
出来事を引き寄せるのです。

自分でないものを手放していく期間。

静かな革命が、
深いところから、体感をとおして起こる。

心の痛みや、
怖れをともなう出来事もあるかも知れません。

あまりも、
ほんとうの自分の感覚を
忘れてしまっている場合には。

天王星はこんな星。

また、
牡牛座は、お金や財産に関係する
サイン(星座)でもあります。

ほんとうの自分を思い出すプロセスでは、
お金との関わり合いも、
見直すことになるでしょう。

どのように収入を得るのか?

とりあえず、やってみる、始めてみる、
天王星牡羊座期は、
起業ブームにわいた時期でもありましたが、
牡牛座は慎重で堅実です。

実質を大切にしますから、
起業の中身も見直されることになるでしょう。

起業にしても、
会社づとめにしても、
ほんものの技術や商品を提供して
収入を得ていくことになっていく流れかと思います。

 

みずからの輝きを発見する

本能にちかいもの。
体感。

こういったものを大切にするのが、
牡牛座です。

いちばんピュアなあなた自身に、
素直になっていきましょう。

天王星牡牛座期のテーマは?と
カードを引くと、
「みずからの輝きを発見する」

本能を、体感を大切に、過ごすことで、
天王星牡牛座期が、
ほんとうのあなたの輝きを発見する期間となりますように。。。