天王星のサイン(みずがめ座)

 

12星座(サイン)のテーマを色をあらわしてみます。

星座のテーマをあらわす色を、
ひとつに決めることはできないかもしれませんが、

ここでは、ルーラー(支配星)ごとに、
星座カラーを考察してみたいと思います。

12星座のサインには、
それぞれ、ルーラーといわれる天体があります。

天体とは、太陽と月を含む、
太陽系の惑星たちです。

 

天王星ゆかりの星座

天王星を「支配星」とする星座、
天王星が「守護星」である星座は、
みずがめ座ですね。

天王星は、
1781年に発見されていますから、
それまでは、
みずがめ座のルーラーは土星で、
いまも、土星は、
みずがめ座のサブルーラーとされています。

天王星は、太陽系では、
木星と土星につぐ大きさをもつ惑星とはいえ、

昔の望遠鏡をつかって、
こんな遠くの星が、
太陽を中心に公転する惑星だと確定するのって、
並たいていのことではないと思います。

偶然に発見した天文学者も、
最初は、彗星だと思ったとか。

青みがかって見える天王星、
占星術では、
革新、改革をもたらす星とされます。

テクノロジーやインターネット(情報)を
象徴する星でもあります。

変化や情報が得意なのは、数秘5。
なので、
天王星のテーマをあらわすカラーとして、
ターコイズ。
数秘5カラー(ターコイズ)

刷新していくイメージは、
スカイブルーも。
数秘カラー(スカイブルー)

 

ひとつのサイン(星座)に
7年間とどまる天王星。

みなさんの人生でも、
7年でステージが変わる、
といったことはないですか?

あるとしたら、
それは、
天王星がもたらしてくれるサイクルかもしれません。

また、
7年あれば、
カラダの細胞がひととおり入れ替わる
ともいわれています。

天王星の7年サイクルをうまくつかって、
人生をステップアップさせていくことができるかと。

 

<天王星のキーワード>

  • 独自性(オリジナリティ)
  • 型にはまらない。型破り。
  • 古い概念や常識を壊す。
  • クレイジーな天才。
天王星はじめ、
土星の向こう側の天体については、
こちら
トランスサタニアン(土星・天王星・海王星・冥王星)

 

みずがめ座のカラー

(風のエレメント・男性・不動宮)

天王星にゆかりのあるみずがめ座。

風のエレメントで不動宮、
男性的なみずがめ座は、

やぎ座で完成させた現実を、
いろんな角度からながめて
改革していこうとするサイン。

現状に満足せず、
よりよくするためにという姿勢は
ともすれば、批判的だとか、
なんでもダメ出しする、といわれてしまうことも。

風のエレメントですが、不動宮なので、
対象に歩み寄るというよりは、
自分自身の観点で、
自分のフィールドで吟味するので、
協力的でなく、冷たい印象をもたれたりも。

ですが。
ほんとうによいものは、
最終チェックをして改良をくわえてこそ、
完成しますね。

イエスマン、
ほめる人ばかりだったり、
自己満足に終始していると、
完成度はあがっていかないでしょう。

みずがめ座の視点、
みずがめ座の立ち位置の世界に対する貢献度って、
絶大だと感じます。

よりよくするためには、
嫌われたって。

そんな、
改革者、刷新者である
みずがめ座のカラーはターコイズ。
数秘5カラー(ターコイズ)

 

宇宙と星座のサイン