金星のサイン

 

12星座(サイン)のテーマを色をあらわしてみます。

星座のテーマをあらわす色を、
ひとつに決めることはできないかもしれませんが、

ここでは、ルーラー(支配星)ごとに、
星座カラーを考察してみたいと思います。

12星座のサインには、
それぞれ、ルーラーといわれる天体があります。

天体とは、太陽と月を含む、
太陽系の惑星たちです。

金星ゆかりの星座

金星を「支配星」とする星座、
金星が「守護星」である星座は、
おうし座と、てんびん座ですね。

金星といえば、うつくしさをテーマとする星。

ゆっくり、じんわりと味わったり、
満ちていくことを感じたり。

豊かさやお金に関すること。

愛、とか。美意識。
うつくしさ。

金星のサイン(金星にある星座)は、
ロマンスの相手だとも。

そんな金星のテーマを色で表現してみると。

数秘6カラー(ピンク) 数秘カラー(ゴールド)

 

そして、さらに、
愛があって、満ちたりていると、

ココロの内もおだやかで、
安定していて、調和している状態だから、

ハートチャクラの色、グリーン。

数秘4カラー(グリーン)

 

<金星のキーワード>

  • ここちよい。
  • 満ちる。
  • うつくしい。
  • 穏やか、ゆっくり。
  • ゆったり。

 

おうし座カラー

(地のエレメント・女性・不動宮)

金星にゆかりの
あるおうし座とてんびん座のうち、
おうし座は、
個人に関すること、
自分がしっかりと満たされることに重きをおきます。

うつくしいものを愛でる、
満たされる、ピンクのイメージ。
数秘6カラー(ピンク)

金星の光輝くイメージそのものゴールド。
金銭的にも恵まれて潤うイメージです。
数秘カラー(ゴールド)

大地に根づく、
自然をあらわすグリーン。
こつこつと努力を重ねるさまもあらわしています。
数秘4カラー(グリーン)

 

てんびん座カラー

(風のエレメント・男性・活動宮)

そして、社会性をもって、
広い範囲での安定、
多くの人との関わり合いの中での調和ということでは、
調和のグリーンのテーマは、てんびん座かと。

数秘4カラー(グリーン)

てんびん座は、
金星にゆかりある星というだけでなく、
風のエレメントで、男性星座ということから、

こういう色でも表現できるかと。

平和をあらわすブルーがより、
あわくなった、ペールブルーな感じ。
数秘カラー(スカイブルー)
てんびん座のもつ、ひょうひょうとして、
広く浅く、こだわらない印象、
正解をきっちりひとつに決めない感じは、
あわい空色でも表現できるかと思います。

また、てんびんが、字の通り、
「天のはかり」となるのであれば、
てんびん座のスマートさは、
宇宙から地上をながめての公明正大さまで、
スケールが広がるかもしれません。

そうなると、地球のガイア意識とつながった
第9チャクラの色合い、シルバーも、
調和のエキスパートであるてんびん座の
色合いにふさわしいかと感じます。

数秘カラー(シルバー)

 

宇宙と星座のサイン