水星のサイン(ふたご座、おとめ座)

 

12星座(サイン)のテーマを色をあらわしてみます。

星座のテーマをあらわす色を、
ひとつに決めることはできないかもしれませんが、

ここでは、ルーラー(支配星)ごとに、
星座カラーを考察してみたいと思います。

12星座のサインには、
それぞれ、ルーラーといわれる天体があります。

天体とは、太陽と月を含む、
太陽系の惑星たちです。

 

水星にゆかりの星座

水星を「支配星」とする星座、
水星が「守護星」である星座は、
ふたご座と、おとめ座ですね。

水星のテーマは、
てきぱき情報を処理していくこと。

海王星からくるインスピレーションや
イマジネーションは、
興味関心があること、
熱中できることについて
はたらきますが、

水星からは、
いま、必要な情報が、
まっすぐ降りてくるイメージ。

直感でうけとって、
処理して分析して、瞬時に理解し、
そして伝達する。

コミニュケーションの一連の流れを担うのが水星。

アイデアを直感でうけとる。
ひらめきを表現するのは、イエロー。数秘3カラー(イエロー)

うけとったアイデアを言語化して表現する。
オリーブグリーン。
数秘22カラー(オリーブグリーン)

言語能力をあらわすブルー。

といっても、
水星のイメージは、スカイブルーに近いかと。
数秘カラー(スカイブルー)

 

<水星のキーワード>

  • テキパキ。
  • シャープな。
  • ひらめき。直感。
  • マジカルな。
  • 好奇心。
  • ピュア。

 

ふたご座カラー

(風のエレメント・男性・柔軟宮)

水星にゆかりのある
ふたご座とおとめ座だと、
アイデアをうけとり、明るくかろやかな印象が、
ふたご座。

風のエレメントで柔軟宮、
永遠の少年のようなふたご座に
ふさわしいカラーは、イエロー。数秘3カラー(イエロー)

ふきぬける風のような、
とらえどころのない軽快さは、
スカイブルーのイメージも。
数秘カラー(スカイブルー)

 

おとめ座カラー

(地のエレメント・女性・柔軟宮)

おなじく水星にゆかりのある星座でも、
おとめ座の場合は、

ものごとの段取りをきっちりと組み立てる
優秀なオーガナイザーで、
きちんとした文章をかき、
わかりやすい説明を心掛けるイメージ。

アイデアをしっかりと言葉にできるイメージから、
オリーブグリーン。(カーキ)
数秘22カラー(オリーブグリーン)

イエローほど自分を主張することはなく、
ほどよくさりげなく秘書のような
立ち位置で仕事をするおとめ座。

職場で重宝される人材がおおいかと。
相手に配慮しながら
任せられた仕事をまっとうする側面は、
やり遂げるカラーである、オレンジのイメージも。
数秘8カラー(オレンジ)

おとめ座という言葉からも、
ロマンチックなイメージがあるかもしれない星座ですが、
水星が支配星であることから、
しっかりと現実を処理していくカラーになっています。

また、
おとめ座には、現実的な側面と、
いて座につうじるような、夢見る側面もあります。
ロマンチストな一面。
おとめ座のおとめたるゆえんといえるでしょうか。
この側面は、ネイビーやロイヤルブルーかと。
ネイビーが制服のイメージだからかもしれません。
数秘カラー(ネイビー)

 

宇宙と星座のサイン