冥王星のサイン(さそり座)

 

12星座(サイン)のテーマを色をあらわしてみます。

星座のテーマをあらわす色を、
ひとつに決めることはできないかもしれませんが、

ここでは、ルーラー(支配星)ごとに、
星座カラーを考察してみたいと思います。

12星座のサインには、
それぞれ、ルーラーといわれる天体があります。

天体とは、太陽と月を含む、
太陽系の惑星たちです。

 

冥王星ゆかりの星座

冥王星を「支配星(ルーラー)」とする星座、
冥王星が「守護星」である星座は、
さそり座ですね。

冥王星は、
1930年に発見され、
太陽系の9番目の惑星とされていたのに、
2006年に準惑星となった天体。

冥王星が発見されるまでは、
さそり座のルーラーは火星だったため、
いまも、火星は、
さそり座のサブルーラーとされています。

冥王星は、月の直径より小さくて、

冥王星の衛星であるカロンが、
冥王星の1/2より大きいために、
2重天体とみなされることもあるとか。

ローマ神話の冥府の王である
プルートと命名され、
肉眼でみることもできない冥王星。

海王星よりさらに遠くに位置して、
死をこえた先にあるような、
そんな星です。

死と再生。
破壊のあとの創造。
魂の世界。

占星術で、冥王星は、
そんな、
境界をこえた先にある場所を表現する天体です。

死と再生ほどにきわめていく
イメージのバイオレット。
数秘7カラー(バイオレット)

魂が生まれる場所。
あらゆる可能性を秘めたブラック。ブラック(色のない世界)

248年かけて
太陽のまわりを公転する冥王星。

ひとつのサインに約12~32年とどまり
じわじわと影響をおよぼします。

冥王星がはいるサイン(星座)は、
根底からの見直しをせまられたりします。

魂の状態で望んだままに
生きていないなら、
積み重ねてきた経験すべてを覆して、
もう一度やり直し、みたいな。

天王星は革命の星で、
政権は変わっても国は残る。
けれど、
冥王星がもたらす破壊と再生は、
国自体も完全に滅ぼしてリセットされる。

怖いような気がしますが、
そこまで徹底したら、
生きながらにして、
生まれ変わることができるでしょう。

リボーン(再誕生)という恩寵。

 

<冥王星のキーワード>

  • 破壊と創造。
  • 始まりと終わり。
  • 死と再生。
  • 魂が還る場所。
  • 謎。
  • 徹底的。絶対。
  • 極限。

 

冥王星はじめ、
土星の向こう側の天体については、
こちら
トランスサタニアン(土星・天王星・海王星・冥王星)

 

さそり座のカラー

(水のエレメント・女性・不動宮)

冥王星にゆかりのあるさそり座。

水のエレメントで不動宮、
女性的なさそり座は、

てんびん座が
かろやかに広げた調和の世界のから、
関心をもった場所を深く極めてみるサインです。

存在意義まで問うて、
深く深くほりさげていくと、
ついには、
冥王星の領域まで届いていくことでしょう。

水のエレメントのうち、
活動宮であるかに座や、
柔軟宮であるうお座には、
水に流れ(動き)があるイメージです。

だけどさそり座は不動宮なので、
その場所を動かず、
ひたすら深めていく、
まるで底なし沼にしずみこんでいくような
そんなイメージかもしれません。

 

極めていくイメージ。
数秘7カラー(バイオレット)
死と再生のイメージは、
赤と黒、2つがセットになっているようにも。
数秘1のカラー(レッド)ブラック(色のない世界)

 

宇宙と星座のサイン