土星のサイン(やぎ座)

 

12星座(サイン)のテーマを色をあらわしてみます。

星座のテーマをあらわす色を、
ひとつに決めることはできないかもしれませんが、

ここでは、ルーラー(支配星)ごとに、
星座カラーを考察してみたいと思います。

12星座のサインには、
それぞれ、ルーラーといわれる天体があります。

天体とは、太陽と月を含む、
太陽系の惑星たちです。

 

土星ゆかりの星座

土星を「支配星」とする星座、
土星が「守護星」である星座は、
やぎ座ですね。

土星は約30年で、太陽の周りを公転しています。

人生100歳までとしても、
土星は太陽の周りを3周するだけ。

ちょうど、30歳、60歳になるころは、
人生の節目をむかえるときでもあります。

土星が、生まれたときと
同じ位置にもどってくることを、
サタン・リターン(土星回帰)といいます。

厄年とされたり、
パートナーとであう時期といわれたり、
人生を土台からゆるがすようなできごとが訪れる時期。

私も、
一度目の入籍となる家族とであったのが、
ちょうど、一度目のサタン・リターンの時期です。

2回目のサタン・リターンは、
人生の終わりがみえてくる時期でもありますから、
土星は、限界や制限、試練をあらわす星ともいわれます。

そんな土星のテーマをあらわすカラーは、
ブラックやブラウン。
数秘カラー(ブラウン)

 

西洋占星術では凶星として扱われて、
試練の星といわれる土星ですが、
土星のサインにみる、
限界や制限をこえたさきにまですすむことができると、満足できる人生になるのでしょう。

 

やぎ座のカラー

(地のエレメント・女性・活動宮)

土星にゆかりのあるやぎ座。

地のエレメントで活動宮、
女性的なやぎ座は、いて座でかかげた理想を、
しっかりと現実化していくサイン。

12星座の人生ストーリーでも、
還暦をむかえて、
熟年となる時期に対応しています。
それまでに重ねた人生の成果をかみしめる時期。

土台からしっかりとしあげていく、
たたきあげのブラウン。数秘カラー(ブラウン)黙々と成果を重ねるブラック。

 

もしかしたら、
これまでの人生の成果として、
なんらかの金字塔をうちたてているかも。
数秘カラー(ゴールド)

 

宇宙と星座のサイン